針による方法で両脇を永久脱毛

もう20年近く前になりますが、その頃主流だった針による方法で両脇を永久脱毛。
針を毛穴ひとつひとつに差し込み電流を流して根毛から根こそぎ取り除くというやり方。
毛穴によっては電流が流される時に身の悶えるような痛みが走り、その度に雄叫びをあげていました。
毎月1回通って、期間は確か1年半くらい。
その少し後に、レーザーが出始めた頃にひじ下をレーザー脱毛。
レーザー光線が目にあたらないように専用のサングラスをしてベッドに横になり、レーザーをバチバチと当てる方法。
たまにチクっとしましたが針に比べると痛みが全然無くて良かったです。
こちらも月に1回程度で、所用期間はトータルで2年くらいかかったと思います。
ただこちらはチケット制だったので、チケット終了時点で脱毛終了。
完全脱毛とはなりませんでした。

針での脱毛は何と言っても痛みが大変でした。
痛みには我慢強い方ですが、それでも耐え切れず叫んでしまうほど。
あと針、レーザーともに夏の間の脱毛が大変でした。
特に、レーザーはある程度、長さがないと施術できないため毛を伸ばす必要があるため、次の施術まで毛を伸ばさないといけません。
さすがに真夏は、伸び放題にしておくわけにはいかなかったので、予約の期間を空けてその間は自己処理をしていました。
自己処理も毛抜きはNGでカミソリでするようにということでした。

今、針による脱毛を行っているかどうかはよくわかりませんが、痛みに弱い人には絶対おすすめしません。
痛みと手軽さを考えたら、絶対レーザーがおすすめです。
あといずれの方法にしても、信頼できる場所で行うことをおすすめします。
私は若かったがゆえに、強引にすすめられて押し切られてやってしまった感があるのでちょっと後悔しています。
今なら痛みもなく安くできるエステがあるので、もう少し待てばよかったと思っています。